児童手当

○児童手当とは

児童手当制度は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを社会全体で応援する制度です。
現在児童手当を受給している人は、毎年6月中に現況届を提出が必要となります。

受給できる人

  • 15歳到達後,最初の3月31日までの間にある児童(中学校修了までの児童)を養育している方(父母のいずれか生計維持程度の高い方)
  • 対象児童が入所している児童養護施設の設置者
  • 一定の条件に該当する児童と同居している方
  • 未成年後見人や父母指定者(父母が海外にいる場合)

手当の額

区分 金額(月額)
0~3歳未満 一律 15,000円
3歳以上~12歳
(小学校修了前)
第1子,第2子 10,000円
第3子以降 15,000円
中学生 一律 10,000円
特例給付
(所得制限以上)
一律 5,000円

所得制限限度額

平成24年6月分から所得制限が適応されます。

扶養親族等の数 所得額
0人 6,220,000円
1人 6,600,000円
2人 6,980,000円
3人 7,360,000円
4人 7,740,000円
5人 8,120,000円

支払時期

原則として毎年6月・10月・2月にそれぞれの前月分までが支払われます。

○手続きの方法について

はじめに行うこと

出生,転入等により新たに受給資格が生じた場合、手当を受給するには結婚・子育て応援課子育て支援係の窓口に「認定請求書」の提出が必要です。

なお、出生、転入の翌日から15日以内に認定請求すれば,出生、転入日の属する日の翌月分からの支給となります。申請が遅れますと手当が受けられない月が発生しますので、ご注意ください。

※公務員の人は、職場で申請してください。

認定請求に必要な書類
  • 健康保険被保険者証の写し(請求者が厚生年金等加入者である場合のみ)
  • 請求者名義の普通預金通帳
  • 印鑑
  • この他、必要に応じて提出する書類があります。(児童と別居している場合など)

児童手当関係届出・手続き一覧

提出を必要とするとき 届出の種類
新たに受給資格が生じたとき 認定請求書
毎年6月(すべての受給者) 現況届
他の市区町村に住所が変わるとき 受給事由消滅届
支給対象となる児童が増えたとき 額改定認定請求書
支給対象となる児童が減ったとき 額改定届
支給対象となる児童がいなくなったとき 受給事由消滅届

関連リンク

 児童手当について(外部リンク:内閣府HP)


お問い合わせ

入善町役場 結婚・子育て応援課 子育て支援係

所在地
〒939-0693 入善町入膳3255番地
電話
0765-72-1857
FAX
0765-74-0067
E-MAIL
kosodate@town.nyuzen.toyama.jp