麻しん・風しん(MRワクチン)

どんな病気?

麻しん(はしか)

 感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気です。発熱、せき、鼻汁、まやに、発疹を主症状とします。最初3~4日間は38℃前後の熱で、一時おさまりかけたかと思うと、また39~40℃の高熱と発疹がでます。高熱は3~4日で解熱し、次第に発疹も消失します。しばらく色素沈着が残ります。
 主な合併症としては、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があります。患者100人中、中耳炎は約7~9人、肺炎は約1~6人に合併します。脳炎は約1,000人に1~2人の割合で発生がみられます。また、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という慢性に経過する脳炎は約10万例に1~2例発生します。このように予防接種を受けずに、麻しん(はしか)にかかった人は数千人に1人の割合で死亡します。

風しん

 潜伏期間は2~3週間です。軽いかぜ症状で始まり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状です。発疹も熱も約3日間で治るので「三日はしか」とも呼ばれることがあります。合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。
 妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により心臓病、白内障、聴力障害などの障害をもった児が生まれてくる可能性が高くなります。

対象となるお子さん

  • 1期:生後12か月(1歳)にから生後24か月(2歳)未満
  • 2期:年長児(5歳以上7歳未満で、小学校就学前の1年間:4/1~3/31)

標準的な接種期間・方法

  • 1期:1回接種
  • 2期:1回接種

持ち物

母子健康手帳、接種券・予診票

接種場所

町内指定医療機関(サイト内リンク)

お問い合わせ

入善町役場 元気わくわく健康課 保健センター

所在地
〒939-0642 入善町上野2793-1 (健康交流プラザ サンウェル内)
電話
0765-72-0343
FAX
0765-72-5082